団体概要

相模川下流域は都市化の進展により、護岸工事や河川敷のグランド化、水質の汚濁等が進み、川の自然と触れ合える場所がほとんどありません。また、テレビゲームの普及や危険な所には近寄らないという社会的風潮により、川で遊ぶ子ども達の姿を見る事も稀になっています。こうした反省から生まれたのが国土交通省の水辺の楽校プロジェクです。市民と行政とにより、およそ1年かけて協議し、生まれたのが馬入水辺の楽校です。以前は大部分が駐車場で、不法耕作や不法投機が行われていた場所でしたが、ワンドやトンボ池など、水辺の自然環境を復元しました。

以来、馬入水辺の楽校の会として16年間活動を続けてきましたが、運営体制を強化し、運動の輪を地域へ広げようと、2017年5月22日、NPO法人暮らし・つながる森里川海に生まれ変わりました。

呼称は「湘南いきもの楽校」。馬入水辺の楽校の運営を基軸に、生き物と共存したまちづくり、子どもたちを野に戻す取り組み、消費者参加型農業による里山環境の保全、暮らしの質を高める取り組み、市民団体等のネットワークづくりなどに取り組んで行きます。

NPO法人 暮らし・つながる森里川海:〒254-0045 神奈川県平塚市見附町44-24

 

活動実績

(1)馬入水辺の楽校生き物の王国づくり

自然探偵団を組織し、カヤネズミ調査や生息地の保全、外来植物の除草や柴漬けの設置による水生生物の住処づくり、トンボ池・カエル池づくり、エコスタックづくりなどを進める中、子ども達の環境教育活動を実施しています。

(2)トンボの棲むまちづくり運動の展開

生物多様性の保全と子ども達の環境学習活動の促進を図るために、市民や市民団体にの参加により「フォーラムトンボの棲むまちづくり」を組織し、2015年度より、平塚市内のトンボ調査を開始しました。

(3)環境学習・農業体験活動(2016年度実績)

生き物しらべの会(3回)、お魚しらべ(3回)、お散歩バードウオッチング(3回)、みんなで調べよう平塚のトンボ(9回)、トンボと遊ぼう平塚(2回)、ちびっこ農業体験(4回)、川の自然楽校(1回)、やぎ島探検ツアー(1回)、鳴く虫と月見団子づくり(1回)、大バッタ飛ばし大会(1回)、餅つきぺったん交流会(1回)、オギの秘密基地づくり(1回)、アロマテラピー講座(1回)、山梨の子ども達との上下流交流会(1回:山梨での川のゴミ拾いなど)

(4)地域連携活動

  1.  企業のCSR活動支援:(株)ルミネ(2013年度)、HSBC社(2014年度)
  2.  平塚市緑化祭りでのミニミニ自然展、公民館との連携活動
  3.  桂川・相模川流域協議会との連携強化(相模川クリーンキャンペーン、カワラノギクの復活プロジェクト、川ガキ養成講座、シンポジュウム参加など)
  4.  関東・水と緑のネットワーク拠点百選指定(2009年度)【 (一社)関東地域づくり協会、(公財)日本生態系協会 】
  5.  河川協力団体指定(2016年度・国土交通省)
  6.  子どもの水辺登録地(2016年度・国土交通省、環境省、文部科学省)

(5)褒賞

  • 神奈川県ボランテイア活動奨励賞(2015年度)
  • 神奈川県地球環境賞(2016年度)
  • 安藤スポーツ・食文化振興財団 ー トム・ソーヤースクール企画コンテスト努力賞:2016

(6)理事・監事一覧

役 名

氏  名 備  考

理事

臼井 勝之 理事長

理事

中村 茂

副理事長

理事

峯谷 一好

理事

岩田 定

理事

露木 正巳

理事

相原 直之

理事

池澤 光彦

理事

赤木 亮

監事

加藤 幸子