12月2日、活動拠点「暮らしの家おきなや」で、手打ちうどん作りを楽しみました。小麦粉を塩水で溶き、こねて、まるめて、厚手のビニール袋に入れます。生地の厚さが1㎝以下になったら、袋の中で8つに折り畳み、また、足で踏む、伸ばすをあと2回繰り返します。都合15分の熱中足踏みとなります。1時間ほど寝かした後、錦棒で薄く延ばし、3ミリほどの厚さに切り、茹でて出来上がりです。

自ら作った小麦でうどんを作り自ら作った有機野菜でうどんを食べる。なんという幸せでしょうか。この日は焼き芋・ふかし芋、里芋の衣担かつぎも出て、大満足の一日となりました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中