冬の「地べた探検」はワクワク、ドキドキの連続です。

朽木の下や木のうろ、石の下などを探ると色々な生き物に出会えます。

gomadara
冬はなんにもいないと思うなかれ!足元に生き物の世界が広がっています。 枯葉をめくるとゴマダラチョウの幼虫が、ひっそり。一つの出会い、気づきが次の出会いを生みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

toge
木のうろを探ると、出ました、馬入初記録のトゲアリの集団。かっこいい!

 

 

 

 

 

 

 

dicotoma
朽木の下を探るとカブトムシの幼虫がゾロゾロ。 持って帰りたいとの声に「夏の成虫を待とう」とやんわり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おおっと!コガタスズメバチの越冬個体が! 夏は怖くて触れませんが、温度が低くて動けませんので、恐る恐るタッチ。 ※体温が上がると動き出しますので、指導者がいないときは絶対に触らないように。
おおっと!コガタスズメバチの越冬個体が! 夏は怖くて触れませんが、温度が低くて動けませんので、恐る恐るタッチ。 ※体温が上がると動き出しますので、指導者がいないときは絶対に触らないように。

この日も、カブトムシの幼虫や越冬中のコクワガタの成虫、コガタスズメバチやヒメマイマイカブリ、ゴマダラ チョウの幼虫やクビキリギス、マルカメムシ、トゲアリ、ヨコヅナサシガメ、クロベンケイガニなどが次々に現れ、ちびっ子たちを魅了しました。

単なる観察会で終わらせないのが馬入のおもしろさ。生き物の住処を作ろうと椎茸の廃木を積んだり、ワラジボードを設置しました。みんな大張り切りで、熱気があふれました。

 

 

hodagi
生き物の住処をつくるため、椎茸の廃木を積みました。 木の中、木の下に生き物の王国が広がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

waraji
コンパネを敷いておきますと、板の下が生き物の住処になります。 ワラジムシなどがたくさんすみつきますので、浜口先生(故人)が「ワラジボード」と名付け ました。

「この場所、秘密だから、みんなに教えるなよ」と、リーダー。その瞬間、子どもたちの目がキラり、ニヤリ。自慢しちゃうもんねという反応に、「生き物たちの住処だから、そっとしておいてね」と再度のお願いをして、観察会終了。

あっというまの3時間でありました。

*参加者:子ども11、おとな8、スタッフ3、講師1=23人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中