公開講座「平塚の海を考える」

平塚市が龍城ヶ丘プール跡地周辺で、公園整備計画を進めています。
南北50m、東西600m、面積30,000㎡の防風林が切られ、駐車場や芝生広場、売店の設置などが検討されています。
一方で、平塚海岸は海岸の侵食問題や高潮による侵食、津波対策、生物多様性の保全など、開発以前に対応しなければならない問題が山積されています。
海洋土木研究の第一人者、宇多 高明先生をお招きし、平塚海岸の現況や保全策等について学びます。
消えゆく砂浜の保全に向けて、何が必要なのか、いっしょに考えませんか。
unnamed

・・・進めようウナギの棲む川づくり・・・ すごいぞ!石倉カゴ&間伐材漁礁 ウナギやカワアナゴ、テナガエビがゾロゾロ

ウナギの棲む川づくりに取り組んでいます。
馬入水辺の楽校に住み処となる多孔質空間「石倉カゴ」と「間伐材漁礁」を設置し、その有効
性を調査しています。

 


結果が良好であれば、川の護岸等での設置を提案しようと思っています。
調査活動は昨年5月以来の2回目となります。
雨が降り、肌寒く、手がかじかむ悪条件でしたが、前回調査も好結果だっただけに、何が入っ
ているか期待に胸が膨らみました。
大人も子どももワクワクドキドキ。熱中お魚調べとなりました。

 


結果はワンダフル。ウナギ9匹、カワアナゴ14匹、でっかいモクズガニ11匹、テナガエビ
類134匹など、たくさんの生き物が捕獲され、その有効性が実証されました。先人の静岡県
の庵原川では設置が進んでいます。負けじ劣らず行政や漁業関係者に設置促進の呼びかけを実
施していきます。

 

トムソーヤコンクール 努力賞

トムソーヤー努力賞
トムソーヤコンクールの努力賞を受賞いたしました。詳細は上記リンクよりお願いいたします。トムソーヤースクール企画コンテスト努力賞

私たちの活動「川あそび、海あそび、湘南いきも楽校 水ガキ養成講座」が努 力賞を受賞しました。 安藤財団は NHK の朝ドラ「まんぷく」で放映中の、日清食品創業者「安藤百福」 氏が私財を提供して設立されたもの。全国から自然体験活動の企画案が公募され、 50団体が選ばれ、活動報告する中、ユニークで創造性に富んだ13団体が表彰 されました。これを機にさらなる前進を図りたく思っています。 「子どもの時は子どもする」を合言葉に、人と生き物が調和したまちづくり運動 を進めていきます。

シンポジウムに多くの市民 「ウナギが棲める相模川を目指して」

相模川の環境保全について考えるシンポジウムが9月24日、相模大野の「ユニコムプラザさがみはら」で開催されました。(主催:桂川・相模川流域協議会、共催:NPO法人暮らし・
つながる森里川海、相模原市)。絶滅危惧種ウナギの保護をメインテーマに、マイクロプラス
チック問題やカワラノギクの保護活動など、いい川づくりについて考えました。市民や研究者
、学生など、120名余が参加する活気ある集まりとなりました。石倉カゴ模型展示
当日は北里大学海洋生命学部の吉永龍起准教授が講演し、ニホンウナギの最新の研究成果な
どを紹介し、乱獲防止や生息環境の保全を訴えました。酒匂川の飯泉の堰の上流にはウナギが
ほとんど生息していないことなど、河川環境の改善を訴えました。

 

会場写真

 

 

 

 

 

石倉カゴ設置当法人は石倉カゴや間伐材魚醤の設置事例を発表、水生生物の住処として有効であることを
紹介しました。若い人の参加が多く、「ウナギの棲む川づくり運動」の今後の進展が期待され
る催しとなりました。