子どもが元気、いきもの元気、地域が元気 「湘南いきもの楽校・水ガキ養成講座」

●水ガキ復活を願って

川で遊ぶ子どもたちのことを川ガキや水ガキと呼びますが、今や、絶滅危惧種。

ここ相模川でも滅多に出会うことができません。なんとかせねばと昔のガキ大将が乗り出し、水ガキ養成講座に取り組んでいます。

今年は天候不順で前2回が中止になるなど、ヤレヤレのスタート。今回も開催が危ぶまれましたが、スタッフの願いが天に通じてか、子どもたちの元気な声に会うことができました。
●源流域、山梨県の子どもたちも参加

今回の催しは、私たちと共に相模川のいい川づくりに取り組んでいる「桂川・相模川流域協議会」と協働で実施しました。源流域の山梨県の子どもたち、相模原市・平塚市・茅ヶ崎市・寒川町の子どもたちが集まり、カヌー体験、いかだ遊び、ガサガサ魚とりを楽しみました。4回目にして、相模川流域全体の取り組みへと発展しました。

 

普段、子どもたちは、川は危険だから遊んではいけないと言われていますが、この日ばかりは昔のガキ大将やお魚の先生、カヌーイストらのサポートがありますので、川遊びを満喫できます。あちこちで、「今日は楽しい」「面白い」というはしゃぎ声が聞こえてきて、おじさんたちは大満足。「やってよかった」の一瞬であります。

 

ガサガサ魚とりでは、ゴクラクハゼ、ボウズハゼ、ヌマチチブ、スミウキゴリ、マハゼ、アシシロハゼ、ボラ、アユ、ニホンウナギ、メダカ、ヨシノボリ類稚魚、モクズガニ、テナガエビ、スジエビ、ヌマエビ、ウシガエル(オタマジャクシ)、ヒラタドロムシ、キベリマメゲンゴロウ、アメンボ、コオニヤンマ、サナエトンボ類のヤゴなどが見つかり、みんな大興奮。「次はいつやるの」とリクエストが来るほどの人気ぶりでした。

主催者として、スタッフや指導者の確保、募集活動、カヌーやライフジャケットの準備、テントや網、バケツ、水槽の確保、保険の加入、簡易トイレの準備、安全管理体制の構築、下見の実施等、かなりのエネルギーがかかる催しですが、ちびっ子の笑顔がすべてを消してくれます。スタッフに感謝。やりがいのある一日となりました。

「地域環境保全功労者」として、NPO法人 暮らし・つながる森里川海」が表彰されました。

6月12日、原田義昭環境大臣より「地域環境保全功労者」として、NPO法人
暮らし・つながる森里川海」が表彰されました。
私たちの目標は「地域の自然環境の保全」「いい川づくり」「子どもたちを野
に戻す」の三つ。いずれも道半ばですが、活動が評価されたことは嬉しい限り
です。前に進む活力をいただけました。
これもご支援をいただいている皆様のご尽力の賜物と厚く御礼申し上げます

ありがとうございます。P6120012 (1)

とんぼ池再生に汗!

馬入水辺の楽校には二つのトンボ池があります。
ひとつは2011年、もうひとつは2018に作りました。
それが仲良く水漏れしてしまいました。
原因は前者が竹の侵入による穴あけ、後者は誰かが竹を刺した?
古い池の草を取り払ったところ、水が溜まっていましたので、しばし様子を見
ることにしました。

 


ヤゴやカニ類などがたくさんいました。アメリカザリガニはゼロでした。管理
の成果です。自慢しちゃいます。
新しいトンボ池には防水シートを敷きました。あとは雨を待つばかりでありま
す。
ワイワイガヤガヤやっていたら、何人もの人が「何をやっているの」と覗きに
来ました。
すかさず、ヤゴやカニを見せ、活動をPRしたところ、参加したいという方が2
家族も出てきてくれ、「嬉し~い」の一言。
それ以上に嬉しかったのが、高校3年生のサポーターが手伝いに来てくれたこ
とで、これが本日一番の「最大の嬉しい」でありました。

子どもがわんさか! ミミズと石が大人気

いろんな催しを開催しています。毎回、心休まらないのがお天気の心配。
「雨降ったらどうしよう」
それ以上に嫌なのが、参加者が少ないこと。
紙ベース、SNS等、いろいろとPRするのですが、思ったように集まりません。
そこで、「集めるより、集まっているところに出向こう」と作戦を変更いたしました。
出会ったのが平塚市花水地区の「子ども大会」。
「子どもわんさか」で天国のような状況でした。
ミミズもストーンペインテイングも大人気。
用意した400個余りの石が足りなくなるほどの盛況ぶりでした。
当法人の活動もPRできました。地域との連携活動の重要性を再認識しました。

 

 

報告:公開講座「平塚の海を考える」

「海のものは海のもの。人のモノにすると海が取り返す」宇多高明先生

 

 5月2日、「公開講座・平塚の海を考える」を開催しました。龍城ヶ丘プール跡地の整備問題について、現状を知ろうと企画しました。

 人が集まるのかと心配しましたが、杞憂に終わりました。60名余の市民が集まり、より良い平塚海岸の在り方について、学び、意見交換しました

 当日は海洋土木の第一人者「宇多高明」先生(一般財団法人土木研究センターなぎさ総合研究所長)をお招きし、平塚海岸の現地視察とひらつか市民活動センターでの講義の二本立てて実施しました。

 前段では、相模川河口部の侵食や海岸線の侵食の状況を学びました。宇多先生は今回の催しに先駆け、4月13日に大磯海岸から相模川まで歩き、最新の知見を基に、平塚海岸の侵食の現況や砂の動き、防災や減災、自然と人との関わり方について講義されました。「人間は汀線を埋め立てて開発や手をくわえてきたが、高潮や津波など、災害は減らない、養浜に関しても砂浜に手を加える際には『海は自らの位置を記憶している』という点を認識した上で関わるようにしていく必要がある」。開発に関しては、「先ずは海岸の現状を知ることが大切。その上でYESNOの判断をする必要がある。平塚の海岸は数千年かかってできている。砂浜は日本の資源。自然のことをよく認識しないと災害を招く」(要旨)と力説されました。

 現在、龍城ヶ丘プール跡地の開発計画が進行していますが、今回の講義で「海岸線の侵食問題、高潮・飛砂問題、遊べる海岸線が狭い」など、自然環境の保全、防災、減災問題への対応が優先されることを知りました。

 平塚海岸は自然からの預かり物です。未来の子どもたちにより良い渚環境を残していくためには何をすべきなのかじっくり考えようではありませんか。

  詳しくは「宇多高明先生講演の要旨」及びユーチューブをご覧ください。

平塚の海を考える:講演1 https://youtu.be/sSpkjiDLuLg

平塚の海を考える:講演2 https://youtu.be/VW5QYPtxuJo

平塚の海を考える:講演3 https://youtu.be/oWnoPmaD6Rk

宇多高明氏講演の概要

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
侵食が著しい相模川河口。ここにはかって、潮が引くと広さ5haの干潟が形成され、多くの野鳥が渡来した。ここで記録された野鳥は190種を超える。 相模川河口の自然を守る会が干潟の保護運動を展開したが、汀線が50メートル以上後退し、2000年頃、干潟は無くなった。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
平塚海岸の砂浜は1954年比で最大45m後退している。かっては相模川から流れてきた砂により砂浜が形成されたが、平塚新港の建設により、現在は川からの砂は一切、海岸に運ばれていない。東の新港と西の大磯港により、漂砂が遮断されたポケットビーチ化している。かっての海岸に戻すためには養浜が必要である。海岸は南西からの風が強く、写真のように砂が堆積する。 クロマツ林は100年ぐらい前から植えられた。一程度の面積がないと風や漂砂は防げない。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
龍城ヶ丘プール跡地。海岸線との距離が近く、防砂林がないため。南西から砂が侵入している。 平塚市は南北60m、東西500m、30,000㎡に公園施設を建設しようとしている。駐車場や芝生広場、飲食施設などを作る計画。防砂林が伐採される恐れがある。 海岸線の侵食や台風等の高潮による侵食、強い南西からの風による飛砂問題、津波問題等、公園整備以前に対応しなければならない問題が山積している。