生き物の王国づくり

生き物の王国づくり!

イソヒヨドリ
草地を刈り取っていると、出てくる生き物を狙ってイソヒヨドリ(♂)がやってきました。少しも逃げません。間近で見ることができました。(13日)

1月7日はエコスタックづくり。 増えすぎたクズやシナダレスズメガヤ、ノイバラなどを刈り取り、 落ち葉と一緒に積みました。

 

 

 

 

 

kgt
朽木の中から越冬していたコガタスズメバチが3頭出てきました。じっとして動きません。(7日)

一昨年に積んだ枯れ木を動かしてみると、 コガタスズメバチが3頭、越冬していました。寒いので、 触ってもじっとして動きません。

 

 

 

 

 

kbu
朽木の下を掘ってみると丸々と太ったカブトムシの幼虫が出てきました。エコスタックづくり、成果ありの一コマです。(7日)

朽木の下を掘るとカブトムシの幼虫が4頭まとまって出てきました 。
栄養状態が良いようで、コロコロと太っていました。 ちびっ子の目がキラリと輝きました。 クワガタムシの幼虫なども見つかり、夏が楽しみ、 大満足の1日となりました。

 

 

 

 

sk
クズの原っぱを刈り取り、16区分に分割し、適正な管理の手法を模索します。(13日)クズの根っこがしぶとくて、なかなかの作業であります。市民のみなさん応援よろしくお願いします。

13日は素敵な原っぱづくり。300㎡ のクズの生い茂る原っぱを刈り取り、 16のブロックに分けました。冬刈り+クズの抜き取りエリア、 冬刈り+夏刈り+クズの抜き取りエリア、冬刈り+ 耕運するエリア、刈り取りだけのエリア、何もしないエリアなど、 管理手法を5タイプに分け、生えてくる植物の変遷を調べます。 目標はカヤネズミの棲むオギの原っぱの復活。 秋には野焼きを試してみたいと思っています。

いよいよ始まる。素敵な原っぱづくり

馬入水辺の楽校は駐車場や不法投棄の場をエコアップして造られました。開校当初は、オギの群落が広がり、とても美しく、カヤネズミの棲む原っぱとなりました。

harappa
クズに飲まれた原っぱ。オギを救え! カヤネズミのすみかを守ろう!

しかし、ここ数年、クズやセイタカアワダチソウの侵入が激しく、オギが減り、カヤネズミの姿も減っています。これは遺憾ということになり、市民レンジャーを募集したなかで「素敵な原っぱづくり」に取り組むことにしました。東邦大学の西廣 淳先生のご支援を得て実施します。

simin
市民レンジャーで草刈り。クズ手強いです。

野焼きが有効なようですが、クリアしなければならない課題があることから、まずは、10m×30m程度の管理エリアを作り、草刈りする場所、耕してみる場所、クズを引き抜く場所、クズを残す場所など、ブロック別に管理し、草地の遷移を見ることにしました。春の芽吹きの時期には、何本のクズが生えているのか、調査してみます。クズ粉づくりにもチャレンジしてみます。

kusakari
みんな頑張った。草刈りバスターズ。

市民レンジャーを募集しています。生き物いっぱいの楽校づくりにお力お貸しください。

お散歩探鳥会 将来有望ちびっこバーダー

将来有望!ちびっこバーダー
今年は楽しみにしていた催しが幾つか中止になってしまいました。天のなせる技でいたしかたがないと思うものの、温暖化の影響だとしたら、人のなせる技なのかもしれません。幸いにしてこの日はGOOD DAY! 気持ちの良い青空が広がり、ルンルン気分の探鳥会となりました。

tibikko
将来有望ちびっこバーダー

僕らの探鳥会の特徴は身近な野鳥の暮らしぶりをじっくり見ること。先ずはお花畑の地面ウオッチングからスタートしました。

地面? いや、地面ではなく畑を動き回る野鳥を見つけます。一見すると何もいないように見えますが、たくさんのハクセキレイやヒバリなどがいて、餌を採ったり、おいかけっこをしたりしている姿をウオッチしました。

tyougennbou
チョウゲンボウが大サービス

ふと見ると梢にハヤブサの仲間、チョウゲンボウがとまっていました。警戒心が薄くて、じっくりみることができました。冬鳥のオナガガモやオオバン、ジョウビタキやユリカモメなどにも合うことができ、あっというまの3時間でした。満足!

*参加者:大人7人、子供4人 観察した鳥18種

 

 

大バッタ飛ばし大会

バッタ飛ばし大会は、原っぱ遊びの一番人気です。

battatori
草むらでバッタをとっています

捕まえて、調べて、スケッチして、飛ばす。いろんな要素が詰まった優れた野遊びです。
まずは、捕まえる。これが現代っ子にはなかなかに大変です。
バッタを捕まえた経験のない子が多く、バッタが網に入りません。

そこで昔のちびっ子が登場。捕まえ方を教えると、やがては熱意が全てを解消し、虫カゴがバッタでいっぱいになります。

battasirabe
バッタを調べています

そして、スケッチ。図鑑を手に種類を調べます。ここで、すぐに何々と教えるのはご法度です。自分で調べて初めてバッタのことがわかるのであります。

そして、選手と自分の名前を宣誓し、青空にフライトさせます。
モゾモゾ言う子が多いので、大きな声でと元気づけます。
さて、このバッタ君、100メートル以上も飛ぶものがいて、みんなをびっくりさせます。
飛ぶバッタは高く飛ぶのですぐにわかります。ワーッと大歓声が湧き上がります。
ちなみに、この日の最長不倒距離はトノサマバッタ君の130メートルでありました。
一等の子は鼻高々で、栄誉の金メダルが授与されました。

oginohukurou
オギの穂でフクロウを作りました

そうそう、終了後、オギのフクロウづくりも楽しみました。原っぱなければできない遊びであります。みんな大事そうに家に持って帰りました。

参加者:38人(子供18・大人14、講師1、スタッフ5)