「地域環境保全功労者」として、NPO法人 暮らし・つながる森里川海」が表彰されました。

6月12日、原田義昭環境大臣より「地域環境保全功労者」として、NPO法人
暮らし・つながる森里川海」が表彰されました。
私たちの目標は「地域の自然環境の保全」「いい川づくり」「子どもたちを野
に戻す」の三つ。いずれも道半ばですが、活動が評価されたことは嬉しい限り
です。前に進む活力をいただけました。
これもご支援をいただいている皆様のご尽力の賜物と厚く御礼申し上げます

ありがとうございます。P6120012 (1)

発行!馬入水辺の楽校ガイドブック

教えちゃいます。自然と友だちになる方法
■ 発行!馬入水辺の楽校ガイドブック

 

guide_01_Lguide_18_L

 

 

 

 

 

 

 

 

ひらつかトンボ入門図鑑に続く、ひらつかトコロジスト図鑑の第2号になります。動植物の専
門的な記述は他の本に譲り、自然と友だちになる方法を紹介しました。
浜口哲一先生(平塚市博物館元館長:故人)に教えていただいたことをベースに、新たな知見や経験を加えました。guide_34_Lguide_38_L

 

 

 

 

 

 

 

 

 

guide_54_L
川遊びの心得や雨の日の自然観察、五感を使った自然観察の手法など、読み物としても楽
しい内容になるよう心がけました。これを糧に生き物と共存したまちづくりを進めていきます。
河川基金のご支援で発行できました。

自然探偵団ガイダンス

本日自然探偵団のガイダンスを実施しました。子供7人、大人7人が参加してくれました。

馬入水辺の楽校のこれまでの取り組みや4月以降の取り組みを紹介した後、校内を一巡。P3253209トンボ池やカエル池、エコスタックなど、見どころを紹介しました。

 

 

 

 

IMG_2679今年は土手の外の工場の換気口にチョウゲンボウが営巣していて、みんなを楽しませました。二番いて、ひょっとすると集団営巣しているかもしれません。自然探究路沿いには、モンシロチョウやツマキチョウなど、春の蝶が元気に飛び回っていました。

 

P3253202 (1)スイバの茎を吸ってみたらと差し出すと、コワゴワでありましたが、「酸っぱい。でも不味くない」との反応。ノウサギの糞探しやノビルの収穫など、春の自然を満喫しました。「保育園の子どもたちをつれてこよう」の一言に、何だか嬉しくなってしまいました。エネルギーの湧く、ガイダンスとなりました。