足元の自然を知る やめられないです。地べた探検!

冬の「地べた探検」はワクワク、ドキドキの連続です。

朽木の下や木のうろ、石の下などを探ると色々な生き物に出会えます。

gomadara
冬はなんにもいないと思うなかれ!足元に生き物の世界が広がっています。 枯葉をめくるとゴマダラチョウの幼虫が、ひっそり。一つの出会い、気づきが次の出会いを生みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

toge
木のうろを探ると、出ました、馬入初記録のトゲアリの集団。かっこいい!

 

 

 

 

 

 

 

dicotoma
朽木の下を探るとカブトムシの幼虫がゾロゾロ。 持って帰りたいとの声に「夏の成虫を待とう」とやんわり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おおっと!コガタスズメバチの越冬個体が! 夏は怖くて触れませんが、温度が低くて動けませんので、恐る恐るタッチ。 ※体温が上がると動き出しますので、指導者がいないときは絶対に触らないように。
おおっと!コガタスズメバチの越冬個体が! 夏は怖くて触れませんが、温度が低くて動けませんので、恐る恐るタッチ。 ※体温が上がると動き出しますので、指導者がいないときは絶対に触らないように。

この日も、カブトムシの幼虫や越冬中のコクワガタの成虫、コガタスズメバチやヒメマイマイカブリ、ゴマダラ チョウの幼虫やクビキリギス、マルカメムシ、トゲアリ、ヨコヅナサシガメ、クロベンケイガニなどが次々に現れ、ちびっ子たちを魅了しました。

単なる観察会で終わらせないのが馬入のおもしろさ。生き物の住処を作ろうと椎茸の廃木を積んだり、ワラジボードを設置しました。みんな大張り切りで、熱気があふれました。

 

 

hodagi
生き物の住処をつくるため、椎茸の廃木を積みました。 木の中、木の下に生き物の王国が広がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

waraji
コンパネを敷いておきますと、板の下が生き物の住処になります。 ワラジムシなどがたくさんすみつきますので、浜口先生(故人)が「ワラジボード」と名付け ました。

「この場所、秘密だから、みんなに教えるなよ」と、リーダー。その瞬間、子どもたちの目がキラり、ニヤリ。自慢しちゃうもんねという反応に、「生き物たちの住処だから、そっとしておいてね」と再度のお願いをして、観察会終了。

あっというまの3時間でありました。

*参加者:子ども11、おとな8、スタッフ3、講師1=23人

トムソーヤコンクール 努力賞

トムソーヤー努力賞
トムソーヤコンクールの努力賞を受賞いたしました。詳細は上記リンクよりお願いいたします。トムソーヤースクール企画コンテスト努力賞

私たちの活動「川あそび、海あそび、湘南いきも楽校 水ガキ養成講座」が努 力賞を受賞しました。 安藤財団は NHK の朝ドラ「まんぷく」で放映中の、日清食品創業者「安藤百福」 氏が私財を提供して設立されたもの。全国から自然体験活動の企画案が公募され、 50団体が選ばれ、活動報告する中、ユニークで創造性に富んだ13団体が表彰 されました。これを機にさらなる前進を図りたく思っています。 「子どもの時は子どもする」を合言葉に、人と生き物が調和したまちづくり運動 を進めていきます。

シンポジウムに多くの市民 「ウナギが棲める相模川を目指して」

相模川の環境保全について考えるシンポジウムが9月24日、相模大野の「ユニコムプラザさがみはら」で開催されました。(主催:桂川・相模川流域協議会、共催:NPO法人暮らし・
つながる森里川海、相模原市)。絶滅危惧種ウナギの保護をメインテーマに、マイクロプラス
チック問題やカワラノギクの保護活動など、いい川づくりについて考えました。市民や研究者
、学生など、120名余が参加する活気ある集まりとなりました。石倉カゴ模型展示
当日は北里大学海洋生命学部の吉永龍起准教授が講演し、ニホンウナギの最新の研究成果な
どを紹介し、乱獲防止や生息環境の保全を訴えました。酒匂川の飯泉の堰の上流にはウナギが
ほとんど生息していないことなど、河川環境の改善を訴えました。

 

会場写真

 

 

 

 

 

石倉カゴ設置当法人は石倉カゴや間伐材魚醤の設置事例を発表、水生生物の住処として有効であることを
紹介しました。若い人の参加が多く、「ウナギの棲む川づくり運動」の今後の進展が期待され
る催しとなりました。