素敵な未来を子供たちへ

コンタクト

大バッタ飛ばし大会 2022/09/23 - バッタ飛ばしはとても優れた環境教育です。①広い原っぱでバッタを捕まえる=動き回るので運動能力のアップにつながります。虫捕り技術も向上します。集中力も高まります。②捕まえたバッタを調べる=バッタの特徴がよくわかります。③そ … 続きを読む 大バッタ飛ばし大会
熱中!お魚調べ  2022/09/18 - 9月10日(土)の石倉カゴ調査では、カワアナゴやテングヨウジ、マハゼやウナギ、ミナミテナガエビ、トゲアシヒライソガニモドキなど、多数の生きものが見つかりました。網の中に石を詰めただけの仕掛けですが、生き物の棲家として最適 … 続きを読む 熱中!お魚調べ 
湘南ピクニック土手の下のSDGs 11月13(日)開催 2022/09/17 - 今年も馬入水辺の楽校で「湘南ピクニック土手の下のSDGs」を開催します。テーマはSDGs運動の促進と野遊び祭り。昼の部(10:00〜15:00)は湘南いきもの楽校の活動紹介やSDGsスタンプラリー、ドリームキャッチャーづ … 続きを読む 湘南ピクニック土手の下のSDGs 11月13(日)開催

川と友達になる

相模川の河口付近を馬入川と呼ぶ
暮らしの中に川があった頃
水は清く澄み
人々は泳いだり、魚を捕ったりして
川遊びを楽しんだ
ザクッと掘ると食べきれないほどのシジミが採れた
ウナギやハゼやモクズガニ
暮らしの近くに豊穣の海が広がっていた
干潟にはシギやチドリの声が響き
空にはコアジサシが舞い
秋には赤トンボで埋まった

子どもたちは帰りの時間も気にせずに
群れて一日遊びほうけた
誰にとがめられることも無く
辺りが薄暗くなる頃、コウモリに下駄を投げながら
家路についた

そんな時代のいい川を
自然遊びを
子どもたちに体験させたい
そう思って、
生き物と共存したまちづくり
子どもたちを野に戻す取り組みにチャレンジしている

NPO法人 暮らし・つながる森里川海
理事長 臼井 勝之